美容

産後のバストのケアの仕方

赤ちゃんが生まれてから母乳育児をするお母さんは多いと思います。

日本は母乳信仰がまだまだ強い国ですが、バストのケアに関しては声を大にして言われることはあまりないように感じます。
赤ちゃんがごくごくと母乳を飲んで元気にすくすく育ってくれる分には良いのですが、母乳で育てるお母さん達に切っても切り離せない産後のバストのケアの仕方があります。
産後は産前と比べてバストの形も変化し、赤ちゃんへの授乳前と授乳後では全く形が変わってしまうほどです。
なるべく授乳用のブラを利用して、乳腺をしめつけないようにする必要があります。また、赤ちゃんによっては乳首を出血するほど噛んだりする子もいるので、その際のケアも考えなくてはなりません。噛み跡が原因で膿が出たり、熱を持って熱くなってしまうこともあるので、念入りに流水で洗ったあとでラノリンなどの成分の入った保護クリームを塗ることが必須です。
卒乳した後には、今まで母乳で張っていたバストが垂れてしまうこともあるので、補正ブラをしたり、大胸筋のストレッチをするなどして、バストの形を保つようにする努力が必要です。出産、育児という大イベントを一緒に乗り切る、バストというパートナーをもっと大事にしていきたいものです。
ふんわりルームブラはどこで購入するのがお得?