その他

退職を考えるときはその後の仕事について考えるとき

今の仕事を辞めようと考えたとき、辞めたい気持ちが先走ってしまって退職後のことばかりに目が行ってしまいがちです。今の仕事をどう辞めるかというのは以外と重要です。というのも、辞め方がその後の仕事人生に関係することがあるからです。仕事の辞め方というのは、退職の際の職場との関係性がどうだったのかということですし、退職を円滑に進めることができたかということです。次の仕事先が退職を切り出す前にすでに決まっており、現在よりもいいところだったとしても、実際に転職を果たして仕事につくのは今の仕事先を退職してからになるということに気をつける必要があります。似たような職種に転職する場合、元の職場でどんなふうな働き方をしたのかとか、元の職場を辞める時はどんなふうだったか、といった話は漏れ聞こえてくるものです。元の仕事先でどんなふうな働き方をしたのかとか、退職の時はどんなふうだったかについて、次の仕事先の担当が元の仕事先に照会することもあります。心証の良くない辞め方は今後の仕事人生のハンデになると考えておいた方が良いでしょう。今の職場を辞める際には、それによって迷惑を振りまかないように引き継ぎなどをきっちりこなすことです。会社を辞めることを決めたなら、実際に会社に申し出る前に、慰留されても心が変わらないことを自分自身に確認するようにしましょう。慰留された時に断れなそうだと感じたり、条件次第ではあるいは退職しないかもと考えているのであれば、退職を申し出るのは賢いとは言えません。たとえ引き留められたとしても、一回退職を切り出した人は信用が落ちます。いつか退職するかもしれない人とみなされ、仕事に差し障るようになります。退職を切り出す時には、現在働いている会社の仕事が滞りなく進むよう、ちゃんとした配慮をすることが不可欠です。シロアリ駆除業者